専門店では 「立原翠軒」前田香径 昭和38年(1963年) 著 - ノンフィクション/教養

「立原翠軒」前田香径 著昭和38年(1963年)出版者:立原善重【限定1000部】◆◆詳細◆◆茨城県水戸市出身の郷土史研究家 前田香径の著作江戸後期の儒学者で水戸藩士・立原翠軒について書かれた書籍です。立原翠軒について最も多く参照される書籍ではないでしょうか【目次抜粋】はしがき立原両先生序著者友部鉄軒少年時代国史校刊三大議論指定反目文公の眷遇北地警備学問文藻文雅逸事育英薦才退隠蓋棺耻叟の感懐●翠軒雑記楓軒について蘭溪について桃洞について翠軒と君平渡辺崋山の翠軒像稲里翁について●立原翠軒年譜及立原家系譜立原翠軒年譜立原系譜●参考資料立原翠軒と威章堂の関係 - 岡沢稲里立原翠軒の「天下三大恵」について - 岡沢稲里立原翠軒の趣味生活 - 岡沢慶三郎田中江南の墓碑発見と其事蹟について - 岡沢慶三郎翠軒先生と福島県 - 金沢春友立原翠軒の書道について - 伊藤修立原翠軒と本多利用 - 江川文展郡宰岡野逢原 - 佐川城北あとがき - 立原善重【立原翠軒(1744〜1823)】茨城県出身の江戸後期の儒学者・水戸藩士。江戸に出て徂徠学派の大内熊耳、折衷学派の細井平洲に学ぶ。「大日本史」編纂に力を注ぎ紀伝浄写本を完成させた。書画・篆刻・七絃琴に長じた。 息子は水戸を代表する日本画家・立原杏所。◆◆仕様◆◆日本史 郷土史ハードカバー19 x 13 x 2.9 cm241 ページ◆◆状態◆◆58年前に刊行された大変古い書籍表紙カバーに経年によるヤケ・エッジ傷ページ薄ヤケ・経年並#本 #郷土史 #立原翠軒 #歴史 #日本史











  1. ホーム
  2. ノンフィクション/教養
  3. 専門店では 「立原翠軒」前田香径 昭和38年(1963年) 著 - ノンフィクション/教養
「立原翠軒」前田香径 著 昭和38年(1963年)
2021/11/10:フリーペーパーvol.68発刊!

暮らしを彩る桑 おいしい食べ方や楽しみ方 

暮らす